九州ハリソンフォード旅できるへようこそ!

センス抜群!安くで、うまい、きれい、楽しいを満喫できる九州のオススメスポット!

デートにも最適!手軽にちゃんこ鍋が食べられる「博多めんちゃんこ亭」

 

ちゃんこ鍋というと季節の野菜を使っていたり、格式の高いお店が多くどうしてもちゃんこ鍋は高いというイメージがあります。

 

そのため手ごろな値段で気軽にちゃんこ鍋を食べるというのは難しいです。

 

しかしこの「博多めんちゃんこ亭」は1人分の鍋がリーズナブルな値段で注文することができます。

 

メニューも豊富でカレーめんちゃんこやチゲめんちゃんこ、牛モツめんちゃんこなど様々です。

 

お値段もお手頃で1人分の鍋で1,000円以下で注文することができます。

 

お餅や野菜、うどんなどもっと食べたいと思うものを追加で注文できるサービスもあるのでいっぱい食べたい方にもオススメです。

 

また、野菜が多くヘルシーなメニューが多いのも特徴です。

 

そのため女性やカップル客も多くデートにも最適です。

 

寒い冬はちろん、夏の暑い日に食べてもとてもおいしいです。

 

福岡に7店舗、長崎に1店舗あるので、用事に合わせて近い店舗を選べるのも魅力ですね。

 

北九州からのぞ望む九州一の夜景「皿倉山」

 

新日本三大夜景にも認定されている、九州を代表する夜景「皿倉山」。

 

山頂には展望台があり門司港、小倉から関門海峡まで、大都市の北九州市全体を見渡すことができます。

 

山頂とはいっても途中までは車で行くことができ、途中には駐車場もあります。

 

駐車場を降りて、看板に沿ったルートで10分ほど歩くと展望台へたどり着くことができます。

 

駐車場は無料で使えるので余計なお金もかかりません。

 

また車がない方も安心です。

 

ケーブルカーとスロープカーが通っているのでそれを乗り継いでいけば山頂までたどり着くことができます。

 

ケーブルカーが往復800円スロープカーが往復400円なので1200円で往復することができるのでそれほどお金はかからないです。

 

体力に余裕があれば歩いていくことも可能ですが相当な距離なのでケーブルカーとスロープカーを使うことをオススメします。

 

展望台で見る夜景はまさに絶景です。

 

北九州市は工業地帯でありながら海と隣接した港町でもあります。

 

そのため海沿いの港の明かりと工業団地の明かりが素晴らしいアクセントをもたらして、素晴らしい夜景となっております。

 

山頂はかなり広いので、人目を気にせず夜景を楽しむことができます。

 

大人にも子供にも喜ばれる幻の銘菓!お土産といえば大分県「荒城の月」

 

お土産探しはとても大変です。

 

大人にも子供にも喜ばれるものが望ましいうえ、購入者のセンスが問われます。

 

ありきたりなお土産を買うくらいなら、味、見た目ともに上質でセンスの良いお土産を選びたいですね。

 

それらを兼ね備えているものが大分県竹田市の但馬屋老舗と、川口自由堂が製造、販売している「荒城の月」です。

 

大分県竹田市は明治時代を代表する音楽家、滝廉太郎さんの出身地であり、彼の代表曲「荒城の月」の名前が使われています。

 

見た目は真っ白なお餅のようなものです。

 

酒まんじゅうのようにも見えます。

 

しかし、お饅頭やお餅と違い柔らかな食感が印象的です。

 

餡を卵の黄身で作っており、卵白を泡立てて作った淡雪羹で包んでいるので、しっとりとした柔らかい食感になります。

 

そのまま食べてももちろんおいしいですが、1度冷蔵庫に入れると中の餡が冷えて少し固まります。

 

和菓子なのにスイーツのように食べられるので冷やして食べてもとてもおいしいです。

 

シンプルな作りですが、程よい甘さと見た目の上品さは大人から子供までお土産でもらって喜ばれること間違いなしです。

 

荒城の月は3個から購入することができます。

 

3個入りで486円(税込)、6個入りで837円(税込)とお値段もお手頃なのがうれしいですね。

 

大分の人たちには広く知れ渡っていますが、全国的にはまだ知っている人は多くありません。

 

九州はあまりお金を使わずに満喫できる最高の旅先である。

 

どうしても旅行や出張というと、お土産代や交通費、宿泊費、現地での食費など予定より多くの出費をしてしまいがちです。

 

旅行から帰って、楽しかったけど今月厳しいなと頭を抱える人も少なくないでしょう。

 

今回紹介したスポットはそんな方たちにオススメです。

 

九州は全国的に見ても物価が安い地域です。

 

九州第一の都市福岡県でさえも全国的に見て物価の安さは魅力的です。

 

食事や、お土産、夜景などの観光はお金をあまりかけなくても、高級感のあるスポットや食事ができ充分に満喫できるのが九州です。
あまりお金のない若いカップルや、お子様の将来のために節約を頑張っているお父さんお母さん方などはぜひこの記事を参考に九州を楽しんでみてはいかがでしょうか。